トイレこそ自由にリノベーション

トイレこそ自由にリノベーション
リノベーション
水周りって物件を見る際に一番気になるところだとおもいます。水周りが綺麗にリノベーションされているだけでその物件全体が素敵に見えてしまうんです。そんな家の中で最も狭い空間だからこそ、トイレは好きなように自由に思いどおりにリノベーションしましょう。

家の中で最も狭く、閉じられた空間のトイレ

中古物件のリフォーム、リノベーションをする際に水周り(キッチン、トイレ、洗面所)は検討される方はとても多いです。やはりトイレ、洗面所は使用頻度が高いため普通に使用していても汚れが目立つ箇所ではないでしょうか?リビングやキッチンなどはお家のイメージに影響を与えるため、あまり冒険できないですが、家の中で最も狭く閉じられた空間であるトイレなら、ちょっと奇抜な壁紙やインテリアを使って自由に冒険できるのです。
そんなトイレを自由にリノベーションするアイデアを紹介したいとおもいます。

階段下のトイレは圧迫感がある!?ちょっとした工夫で広くみせる

トイレこそ自由にリノベーション
都市部の戸建てによくある「階段下トイレ」都市部では土地が狭いのでリビングやキッチンを広くとろうとすると、階段を螺旋状にしてその下にトイレを設置するのが一般的です。階段下のトイレは高さがとれないため、圧迫感を感じやすくなります。
また、天上が階段の形状になってしまい、圧迫感解消のための窓も広くとれないのが現状です。
よくある階段下トイレは奥行きのない空間で、天上の高さや、窓もないか又は小さな窓の非常に圧迫感を感じる空間です。
このようなトイレリフォームにオススメなのが「タンクレストイレ」です。
タンクレストイレは後ろのタンクがないので、トイレに奥行きを感じさせることができます。
また、温水洗浄便座(ウォシュレット)が標準で付いているのですっきりしたフォルムがとてもスタイリッシュにみせてくれます。
タンクレストイレのデメリットとしてお手洗いが別で必要になりますが、カウンターをサイドに取り付けることによって収納力もアップします。
トイレの横幅が狭いけど収納が欲しいって方なら「壁をくりぬいて飾り棚」を作るのもおすすめです。

トイレは狭い空間だからこそ、ぴったり合う家具を作るのは至難の業。
だったら作ってしまうのもアリです!!

ユニットバスをリフォームしてトイレとお風呂を分割!

トイレこそ自由にリノベーション
ユニットバスってなんだか古い雰囲気がしませんか?ユニットバスは狭い空間を効率よく使うために生まれたものですが、来客時に不便であったり、見た目もよいものではありません。思い切って浴室とトイレを仕切ってしまうのも手です。壁を作ってしまうと浴室とトイレが狭くなり圧迫感が出てしまう場合は、トイレと浴室に壁でなくパーテーションで仕切るのもオシャレな雰囲気に仕上がります。
パーテーションはスリガラス風にすることで、空間を広くみせることができます。そして光を十分にとりいれ、明るい雰囲気に仕上がります。
空間に余裕があれば、トイレと浴室の間に洗面所をとりつけることで利便性もアップします。

床材と壁紙を変えて空間を広く見せる!

トイレこそ自由にリノベーション
「アクセントクロス」ってご存知ですか?最近のオシャレな物件に使われています。クロスの一部を変えることで空間を広く見せ、イメージをガラリと変えることができます。リビングや和室、子供部屋、寝室に使われることが多いアクセントクロスですが、トイレに使うことで奥行きを広く見せる効果があります。
オススメはちょっと濃い色の壁紙をトイレの背面に張ることです。
背面が濃い色ですと奥行きがあるように見えます。
また、木目調やレンガ調の壁紙をサイドに張ることで視覚効果で奥行を広くみせることもできます。
コツはアクセント程度にすること。いくら素敵な壁紙でも壁全面に張ってしまうと更に空間を狭くみせてしまうことになりかねません。インテリアの邪魔をしないシンプルなクロスが使いやすいでしょう。
 
床材は汚れが落ちやすく、温かみのある素材がオススメです。トイレは北側に配置されることが多く、窓も広くとれないため、冷たそうに見えない工夫が必要です。クッション性のあるフロアマットにするなど足元が冷えない工夫をしましょう。

まとめ

いかがだったでしょう?トイレは閉ざされた最も狭い空間ですが雰囲気を変えるだけでぐっとオシャレに変化させることができます。自分好みに自由にリノベーションすることで家の中で一番くつろげる空間に大変身させることができます。
清潔で雰囲気の良いトイレはその後の生活を豊かにしてくれること間違いなし!リビングやキッチンだけじゃなく、トイレにこだわってみるのもリノベーションの楽しさなのかもしれません。
WORKS MORE