不動産を購入する前に、覚えておきたい契約・重要事項説明のこと

不動産を購入する前に、覚えておきたい契約・重要事項説明のこと
不動産
不動産を購入する際に、「重要事項説明」と呼ばれる売買契約の条件についての詳細説明が行われます。 
この記事では、重要事項説明で説明される内容や確認しておきたいチェックポイントについて解説しています。 
購入申し込み後には必ず行われるので、事前に重要事項説明のポイントを確認しておきましょう。

重要事項説明とは?

不動産を購入する前に、覚えておきたい契約・重要事項説明のこと
宅地建物取引業法により、売買契約の条件についての詳細説明する「重要事項説明」が行われることが決められています。
具体的には、宅地建物取引士の資格を持つ人が不動産の購入者に向けて、物件の内容や契約内容を細かく説明することです。
購入する不動産の概要、条件などを最終的に確認する大切なプロセスです。
宅地建物取引士の資格を持つ人は、顔写真付きの身分証明証、宅地建物取引士証を提示することが義務付けられています。
ペット不可や管理会社のルールなどを事前に確認することで、後からトラブルになるのを防ぐことができます。
どんなに忙しくてもどんなに不動産に詳しい人でも省略することはできません。
重要事項説明は大切なプロセスですので、しっかり内容を理解してから最後にサインしましょう

重要事項説明の流れは?

重要事項説明は購入予定者ごとに個別に行われます。
ただし、重要事項説明は必ずしも個別に行われるのわけではなく、複数の購入者に向けて行われる場合もあります。
例えば、新築の高層マンションやタワーマンションの場合は複数の人の購入者へ向けてまとめて行われます。
重要事項説明の流れは、個別であっても複数の人の場合であっても、宅地建物取引士による口頭説明で行われます。
最後に、口頭説明された内容と同じ重要事項説明書が交付されるので、内容に納得後に署名と捺印をします。
重要事項説明の流れとしては、サインが終われば無事に手続きは完了となります。

重要事項説明の内容で分からないところは担当者に聞いておくこと

不動産を購入する前に、覚えておきたい契約・重要事項説明のこと
重要事項説明は宅地建物取引士により分かりやすく説明してもらえるので内容をよく確認しておくこと。
ただし、重要事項説明の内容は書面だけでは専門用語が多いため、理解できない部分があるかもしれません。
重要事項説明の内容で理解できないところがあったら、担当者に質問してすべてを分かるようにしておきましょう。
後からトラブルを防ぐためにも、不動産購入時に事前に理解しておくことが大切です。

重要事項説明のチェックポイント

不動産を購入する前に、覚えておきたい契約・重要事項説明のこと
多くの項目の中でもどこを確認すべきでしょうか。
例えば、マンションの場合は土地・建物に関する事項、売買契約の条件に関する事項があります。
売買契約の条件に関する事項でチェックしておきたいポイントは、まずはマンションの売買代金以外にかかる諸費用についてです。
マンションを購入すると、売買代金以外に手付金・固定資産税・都市計画税の清算金などが発生します。
手続きのやり方やどれくらいの費用になるのか不明点がある場合は、担当者に詳しく説明してもらいましょう。
他には、不動産の購入者が契約を解除する場合、手付金の扱いも確認することが大切です。
例えば、銀行から住宅ローンの融資が受けられなかった場合は、違約金なしで解約することができるのか。
ローン特約の有無についても重要事項説明のチェックポイントです。
もし、契約に違反した場合は違約金が発生する場合があるので、違約金に関する事項も目を通しておきます。
重要事項説明の項目は多く、内容をすべて聞くだけでも時間がかかり大変ですが、大切なプロセスです。
マイホームを購入する機会は人生の中でも何度もあることではなく、貴重な体験でもあります。
不動産購入後に後悔したり、知らなかった…とガッカリすることがないように、重要事項説明のわからないことは担当者に遠慮なく相談しましょう。
書面ではわからない専門用語もたとえ話を交えてわかりやすく説明してもらえば納得できます。
最後に重要事項説明に署名・捺印するのはすべてを理解した納得した上で行うようにしてください。

まとめ

今回は、重要事項説明で説明される内容や確認しておきたいチェックポイントについて解説しました。
重要事項説明の内容に疑問点や質問があれば、担当者に質問して理解に努めましょう。
事前に重要事項説明のチェックポイントを確認して、納得した上で契約を交わすことが大切です。
WORKS MORE