☐中古リノベーションのメリット・デメリットについて

☐中古リノベーションのメリット・デメリットについて
リノベーション

名古屋で中古マンションのリノベーションなら【リノベアLabo】

中古リノベーションか新築か迷っている方は多いでしょう。
そこで今回は、この2つのメリット・デメリットについて解説します。
ぜひ参考にしてください。
 

メリットは2つあります。
1つ目は、デザインを考える際のイメージがつきやすいことです。
新築のデザインを考える際には、良いものが思いつかないというお悩みが多いです。
しかし、中古住宅は既存の家があるので、デザインを考えやすいです。

2つ目は、住宅にかけるお金を抑えてデザインにお金をかけられることです。
中古住宅は、新築よりも販売価格が安いです。
そのため、住宅にかけるお金をできるだけ少なくして、ご自身のこだわりを詰め込むためにお金を使えます。
中古住宅を選んだ方は、リノベーションやインテリアにお金をかけましょう。

デメリットは2つあります。
1つ目は、耐震性能に心配が残ることです。
中古住宅は、新耐震基準に基づいて建てられていないことが多いです。
そのため、躯体を補強したとしても耐震基準には心配が残ることが多いです。

2つ目は、リノベーションでできることには限りがあることです。
中古住宅の構造によっては、リノベーションでできることに限りがある場合があります。
間取りの大幅な変更などは難しいかもしれません。

☐新築のメリット・デメリットについて

メリットは2つあります。
1つ目は、性能が優れていることです。
新築は、耐震性や断熱性に優れていることが多いです。
これらは、住み良さや安全性に直結する部分なので、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

2つ目は、外観や内装を自由にデザインできることです。
前述した通り、中古リノベーションでもご自身の好みに合わせたデザインを実現できます。
しかし、元の住宅の構造によってデザインが制限されます。
一方新築の場合には、中古リノベーションよりも自由にデザインを考えられます。

デメリットは2つあります。
1つ目は、住宅が完成するまで全体像が分からないことです。
中古住宅には、元の家があるので、ある程度どのようなものができるのか想像がつきます。
しかし、新築の場合は一からご自身のデザインを考えるので完成のイメージが想像しにくいです。

2つ目は、問題が生じた場合にリフォームするのが難しいことです。
新築の場合は、中古リノベーションよりも工費がかかっていることがほとんどです。
そのため、住み始めてからなにか問題が生じてしまった場合にプラスでリフォームも行うというのは、金銭的に難しいという方が多いです。

☐まとめ

今回は、中古リノベーションと新築のメリット・デメリットを解説しました。
なにか参考になることがありましたら幸いです。
また、当社は名古屋周辺で事業展開している会社です。
なにかお困りのことがございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

ご質問はお気軽にこちらからどうぞ!

施工事例