マンションのリノベーションで工期が延びる時とは?注意点についても解説!

マンションのリノベーションで工期が延びる時とは?注意点についても解説!
リノベーション

名古屋で中古マンションのリノベーションなら【リノベアLabo】

リノベーションを検討している方は、工期や注意点などあらかじめ知っておきたいことが数多くありますよね。
そこで今回は、リノベーションの工期が延びるケースや工事期間中の注意点について解説します。
ぜひ参考にしてください。

□リノベーションの期間が延びるケースにはどのようなものがある?

マンションのリノベーションで工期が延びる時とは?注意点についても解説!

この章では、リノベーションの期間が延長されてしまうケースについて解説します。
あらかじめ知っておくことでなにか準備しておけることもあるでしょう。
ぜひ参考にしてください。

1つ目は、給排水の配管工事が必要なケースです。
内装等の簡単なリノベーションであれば、ほとんど配管工事を伴うことはありません。
しかし、水回りの工事などでは古くて配管を入れ替えるなどをしないと
工事が進まないことがあります。
このような場合には、慎重な工事が必要なため、工期が長引いてしまうことがあります。

2つ目は、デザインの変更を申し込んだケースです。
もちろん、当初予定していたものから工事の内容を変更すると工期が延長される可能性が高いです。
できるだけ工事前にしっかりとご自身の理想の家に対するイメージを固めておきましょう。

3つ目は、床や壁、天井をリノベーションするケースです。
これらの場所をリノベーションするには、簡単に済ませられる場合とそうではない場合があります。
例えば、畳を剥がして他の床材などに変更する場合には工期が延びてしまうことがあります。

□マンションリノベーションを行っている時に注意するべき点とは?

1つ目は大規模なリノベーションが必要なときには仮住まいの準備が必要なことです。
リノベーションの期間が長い場合やキッチンやお風呂などの生活に欠かせない部分をリノベーションする際には、仮住まいを確保しましょう。

2つ目はリノベーション期間が長いと費用が高くなることです。
工事期間が長いと、職人さんの人件費や工費がかさんでしまいます。
また、それに付随して仮住まいのマンションの家賃なども予定より長く払うことになります。

3つ目はマンションリノベーションは戸建ての家よりも工期が長引きやすいことです。
マンションでは、下の階や隣の部屋のことも考えて工事を行います。
マンションの規定等により1日に工事できる時間帯が決められていたり
土・日・祝日の工事が制限されたりと工事可能な時間・日程は意外と短いです。
そのため、戸建ての家よりもマンションの方がリノベーションに工期がかかることが多いです。

□まとめ

マンションのリノベーションで工期が延びる時とは?注意点についても解説!

今回は、マンションリノベーションの工期が長引くケースや工事期間の注意点について解説しました。
ぜひ、マンションリノベーションを検討している方はこの記事を参考にしてください。
また、当社は名古屋周辺で事業展開している会社です。
お困りのことがございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

ご質問はお気軽にこちらからどうぞ!

施工事例