マンションのクローゼットをリノベーションする場合には注意点があります

マンションのクローゼットをリノベーションする場合には注意点があります
リノベーション

名古屋で中古マンションのリノベーションなら【リノベアLabo】

「マンションのクローゼットをリノベーションしたい」
名古屋周辺でこのようにお考えの方は多くいらっしゃいますよね。
今回はそのような方に向けて、クローゼットをリノベーションする場合の注意点について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□クローゼットのリノベーションの種類について

マンションのクローゼットをリノベーションする場合には注意点があります

まず押し入れをクローゼットへリノベーションする場合です。
押し入れは布団を収納するためのスペースであり、奥行きが深く上下に分かれています。
それによってデッドスペースが生まれてしまいます。

押し入れをリノベーションする場合には、壁面クローゼットへ変更することが多いです。
ふすまから扉へ変更して、棚やハンガーパイプを設置します。
また、押し入れを広げてウォークインクローゼットにすることもできます。

次にDIYをする場合です。
棚やハンガーパイプを設置する程度であれば、DIYによってできます。
その際のポイントとしては、棚受けレール設置の際に壁の中の柱を探してそこに打ち付けるようにしましょう。
費用は1万円から2万円程度です。

また、押入れからクローゼットの変更もDIYでされる方もいらっしゃいます。
その場合の費用相場は4万円から5万円程度です。

□クローゼットをリノベーションする際の注意点について

1つ目は、カビと結露です。
収納場所は湿気が多いです。
特に、北側に設置されたクローゼットでは結露が発生しやすくなります。
クローゼットのリフォームをする際には、カビ・結露を防止できるように機能性壁材などを使うようにしましょう。
さらにクローゼットの内側には防湿機能、防虫・殺菌効果のある内装材を使用するのがおすすめです。

2つ目は、奥行きについてです。
リフォームの際に、つい広くスペースを取りたくなってしまいますよね。
そのような場合であっても、奥行きが広すぎると使いづらいため注意をしましょう。
奥にあるものは取り出しがしにくく、デッドスペースになってしまいます。
奥行きを取りたい場合には、スライド式の棚やキャスター付きの引き出しを使うとよいでしょう。
そうすれば、奥にあるものが取り出しやすくなります

□まとめ

マンションのクローゼットをリノベーションする場合には注意点があります

今回はクローゼットをリノベーションする場合の注意点について解説しました。
また、リノベーションの種類についてもお分かりいただけたかと思います。
ぜひこの情報を参考に、リノベーションを行ってみてくださいね。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご連絡してください。

ご質問はお気軽にこちらからどうぞ!

WORKS MORE